【ビジネスローン審査甘い】

ビジネスローン審査甘いのは?即日融資OKに注意【急ぎの方へ】
TOP PAGE >

ビジネスローン審査の注意点とは?

融資で資金を借りる際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利だと思います。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調べてみました。

日本政策金融公庫の融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、2%台からと低利子ですが銀行融資では基本的に担保が必要になります。

最後に、ノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっています。

ビジネスローンで資金集めをしようと考えている方、どのローン活用しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンを活用するのはいかがでしょう。

このローンの長所として、ご利用限度額の範囲内なら何度でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、追加で借入する際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込み・審査もネットで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ前提条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングやヤフオクへの出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングへ出店している事業者の方にオススメのローンです。

個人事業主、自営業者の方にとって自分たちの事業のための資金調達は経営上非常に重要な要素となります。

現状、個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が少ないです。

例えば、法人の場合では、日本政策金融金庫や有担保ローンなど経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主の場合、日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らないケースが多いです。

1そういったときの資金繰りの方法としてアプラスなどのビジネスローンの利用を検討しましょう。

もちろんビジネスローンごとに細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

ネットでビジネスローンについて調べているとこんな質問を見かけます。

それは「ビジネスローンの審査は甘い」という噂です。

参考:ビジネスローン審査甘い?厳しい?急ぎの運転資金借入なら【即日OK】

結論から言ってしまうと、甘いわけではありません。

基本的に審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいとされています。

低金利は厳しい、高金利になるほど審査が甘いと言われています。

一般的に資金調達と聞いてイメージする銀行融資の合、事業計画書を提出する必要があり、そこに書いてある内容を1から2ヶ月かけて審査することが多いです。

他にも審査期間が銀行融資は1から2ヶ月ほどかかるのに対しこのように少し調べただけでも厳しそうな感じを持ってしまいますね。

何かしらの手続きをする際に用意しなければいけないものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類をイメージするのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が異なるので準備するのが大変なんですよね。

ここではビジネスローンを借り受ける際に必要な書類を調べてみました。

@運転免許証などの本人確認書類 A2期分の決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、印鑑証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書の提出が不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めてその銀行と取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

設備投資をしたいけど予算がない、来月の仕入れが厳しい、そんなときに利用できるのがビジネスローンです。

ビジネスローンには様々な特徴があります。

例えば、担保や保証人が原則不要、ネット上で完結するため来店不要なところや審査から融資までスピーディーに行われることなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くの法人ローンでは新規開業資金など決算書がない場合も事業計画所提出で申し込み・審査ができるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に相談してみるのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅いことを理由に銀行融資を断られたときにも選択肢になります。

日頃、TVを見ていると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーを見かけることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良くて頭に残ってしまいますよね。

同じ意味で捉えている人が多い言葉でキャッチフレーズという言葉がありますがキャッチコピーとはどのような理由から使い分けされているのでしょうか。

ネットで検索しみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同じものと考えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる目的による違いがあるようです。

キャッチコピーは宣伝目的に限定され、消費者の心を動かす言葉、キャッチフレーズは雑誌の見出しなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

ビジネスローンを利用して資金を集めた方の中には今借りているローンよりも低金利で貸してくれるローンを見つけたから低金利のローンへ乗り換えをしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

結論から言うと借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローン制度は使用目的が自由なので金融機関A社からの借入金を金融機関B社から借入金で返済したところで金融機関A社からすると完済してもらっただけということになります。

金利軽減を考えると銀行融資や公的融資からの乗り換え時に有効と言えそうです。

同じように銀行融資や公的融資、有担保低金利ローンへの借り換えもできます。

最近、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて小規模ビジネスを行う会社が増えています。

市場におけるスモールビジネスの比率は高いですがやはり資金面で悩む会社も多いようです。

中小企業白書によると2009年から2014年にかけて中小企業は40万社減少しており、中でも小規模事業者の廃業・倒産が目立つそうです。

こういった規模の会社の場合、翌月の仕入れができない、など特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社として有名です。

選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までのスピード感が理由のようです。

中小企業における設備投資など短期的に短期的に解決してくれるのがビジネスローンですがそもそもビジネスローンとはどういった制度なのでしょうか。

一般的なキャッシングは個人(消費者)を対象にしており、利用目的はショッピングなど基本的に自由とされていますが事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは事業家の方だけを対象にしたものになります。

事業目的の融資は銀行を想像する方も多いと思いますが資金が必要なタイミングまで時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や保証人が原則不要となり申し込んで即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

事業用にお金を借りるにはビジネスローン

消費者向けのカードローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンで借りたお金は「消費者」とつくだけあり仕事用に使うために借りることはできません。

事業者の方が事業用にお金を借りるにはビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分けてみなさんが思い浮かぶ銀行融資と金利が高めに設定されていますが融資までの期間が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい審査の早さに差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資をしてくれる会社もあるくらいです。

そのため急な融資が必要な中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

世の中には様々なタイプのビジネスローンがあります。

その中には、一般的にイメージする銀行系のローンやクレカ会社として有名なオリコなどの信販会社の行なっているローンもあります。

ここでは銀行系ではない信販会社などのやっているローンの申し込みの流れを説明します。

まず最初に提出する必要書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで必須なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに必要な書類が異なることがあります。

これらの書類を準備したらあとはネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には健康保険証など本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

気になる審査期間については最短で即日というローンもあるようです。

ビジネスローンで資金を借りている方の中には今借り入れしているローンよりも有担保低金利ローンなどへ見つけたから低金利のローンへ乗り換えをしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった借り換え行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

結論から言うと別の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

なぜかというと、ノンバンク系の事業者向けローンはほぼ金利が一緒となりA社からの借入金をB社から借り入れたお金で返済したところで金融機関A社からすると完済してもらっただけということになります。

なのでA社からすると拒否する理由もないからです。

同じように銀行融資や公的融資からの借り換えや銀行融資への借り換えもできます。

企業経営をしている人の中にはビジネスローンの利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で融資を受けたいですよね。

その場合は公的融資もしくは銀行機関の融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使い道自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なローンが用意されているので借主の状況によって選ぶローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンの場合5年以内の返済では通常金利で1.5%とノンバンク系ローンと比べかなり低く設定されています。

また、1000万までの申し込み時は原則保証人不要なようです。

個人事業主、自営業者の方にとって自分たちの事業のためのそれは新規事業の立ち上げや設備投資するための資金調達です。

個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が現状では限られています。

例えば、法人の場合では、日本政策金融金庫からの貸付や有担保ローンなど経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主では基本的に日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らない可能性が高くなっています。

そういったときの資金調達方法としてアプラスなどのビジネスローンの利用を検討しましょう。

ビジネスローンごとに細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

銀行系のローンの名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」というフレーズです。

どういった内容か見てみると中小規模の会社もしくは個人事業主向けのビジネスローンのことでした。

検索して一番上に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要という条件で審査を受けられるようです。

融資額は100万?5000万までということなのでローン商品を考えている地方銀行も多いようです。

ただし、銀行機関の行うビジネスローンなので審査期間は長くなりがちです。

なのですぐに資金が必要という方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

経営者の方の中には、うまく事業が軌道に乗らなくて赤字を出してしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで知りたいのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ビジネスローン審査の仕組み上、利益が出ている会社の場合その利益から毎月の返済がどのくらいできるか判断され融資が行われるのですが赤字の場合判断材料の利益がないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算を出してしまっていても審査に通る可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や天災などによる特別損失による赤字の場合です。

他には売掛け債権など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

様々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類をイメージするのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが大変なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必要な書類を調べてみました。

@健康保険証などの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン商品ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、事業計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要という会社もあるようです。

銀行融資・公的融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの書類が必要になります。

また、銀行融資を初めて行う場合は製品やサービスのわかる資料なども必要です。

資金集めに困った際に頼りになるビジネスローンですがどういった面を重視して借入先を選べば良いのでしょうか。

インターネット上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり気にしている方が多い点は融資までの速さのようです。

例を挙げると、審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、オリックスグループなどどこのグループ会社なのか、今までにどのくらいの人が利用したかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に確認しておきたいのは最大限度額や金利、返済計画を立てる上で大切な最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンの公式HPでは返済シミュレーションができるので活用してください。

ビジネスローンで設備投資などの資金集めをしようと考えている方、どのローンを利用しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンで借りるのはいかがでしょう。

このローンと他のローンの違いとして、ご利用限度額の範囲内なら何度でも追加で借入することができるという点があります。

他のローンでは、資金が足りないから追加で借りようと思っても毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもHPからで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングへ商品の出店歴があるかという内容です。

そのため、ヤフオクなどへ出店している人にオススメのローンです。

ビジネスローンは赤字決算でも審査に通るのか?

経営者の方の中には、うまく事業が軌道に乗らなくて赤字経営になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを検討している方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組み上、利益が出ている会社の場合では利益が出ているから毎月の返済が?円までできると判断され融資が行われるのですが赤字の場合判断材料の利益がないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に通る可能性がある場合もあります。

例えば、車や導入している機械の減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンを申し込む場合です。

融資で資金繰りをする際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今日は金融機関による金利の相場を調べてみました。

公的融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保になると1%台での貸付も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、2%台からと低利子ですが審査には基本的に担保が必要になります。

最後に、審査が早いノンバンク系のローンの場合は各ローンごとに最低6%から最高18%と幅がとても広く設定されています。

消費者向けローンで有名なアイフルですがほぼ全ての消費者向けカードローンでは自分の事業用に使うために借りることはできません。

経営者の方が事業用にお金を借りるにはビジネスローンで借りなければいけません。

そもそもビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分けるとみなさんが想像するする銀行融資と高金利だけど申し込みから融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい早さに差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に大きな差があります。

そのため中小規模の会社など急な融資が必要な場合はノンバンク系を使うことが多いようです。

企業経営をしている人の中にはビジネスローンの利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で融資を受けたいですよね。

その場合は公的融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けのローンや農業経営者向けのローンなど様々な種類が用意されているので借主の状況によって選ぶローン商品も変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンでは5年以内の返済では通常金利で1.5%とノンバンク系ローンと比べかなり低く設定されています。

また、1000万までの借り入れ審査では原則保証人不要なようです。

色々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類と考えるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを組む際に必要な書類を調べてみました。

@マイナンバーカードなどの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、終始計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で事業計画書でOKという会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外にも経営計画書などの様々な書類が必要になります。

また、銀行と初めて取引を行う場合は会社の案内書などが必要になります。

ビジネスローンで資金繰りをしようと考えている方、どのローン活用しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンを活用するのはいかがでしょう。

このローンの長所として、ご利用限度額の範囲内なら何度でも追加で借入することができるという点があります。

他のローンでは、追加で借りる際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもHPからで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むに当たって1つ条件があります。

それは、Yahoo!ショッピング・ヤフオクへの商品の出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングへ出店している人にオススメのローンです。

設備投資をしたいけど予算がない、開発資金が足りなくなってしまった、そんなときに利用を検討するのがビジネスローンです。

ビジネスローンにはいろいろな特徴があります。

例えば、担保や保証人が原則不要なことや融資までの時間が短いことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くの法人ローンでは新規開業するための設備投資資金などの場合でも事業計画所提出で審査条件を適用してくれるので実績がないことを理由に銀行融資でいい返事をもらえなかった際に相談してみるのもいいかもしれません。

新規開業時にも対応してくれるので会社の業績が浅い場合にも審査してくれます。

中小企業における設備投資や取引先への支払いなど短期的に融資が必要なときに利用を考えるのがビジネスローンですがそもそもビジネスローンとはどういった制度なのでしょうか。

一般的なカードローンは個人を対象にしており、利用目的は基本的に自由となっていますが事業目的に使用できません。

一方でビジネスローンは事業者だけを対象にしたものになります。

事業目的の資金繰りと聞くと銀行融資をイメージする方も多いと思いますが融資が必要な時まであまり時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くの金融機関では担保が原則不要となり申し込んで即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

世の中には様々なタイプのビジネスローンがあります。

その中には、一般的に思い浮かべる銀行系のローンやオリコなどクレジットカードなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込みの流れを確認しましょう。

まず最初に提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本や確定申告書が必要な場合もあります。

これらの書類が揃ったらあとはネットで申し込むだけです。

インターネット申し込み時には本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日融資というローンもあるようです。

ネットを見ているとこんな質問を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘い?」という内容の質問です。

結論から言うと、言われているほど審査は甘くありません。

審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいです。

銀行融資など低金利になるほど厳しく、一般的に資金調達と聞いてイメージする銀行融資の合、経営計画書を提出する必要があり、そこに書いてある内容をノンバンク系のローンでは本人確認書類と決算書のみでOKというローンもあります。

他にも提出する必要書類の数が全く違うなどこのように話を聞いただけでも審査が厳しそうな感じがしますね。

ただいまの時刻








なるべく早く借りれるビジネスローンをお探しの方へ。審査が甘いと噂されるビジネスローンを借りる際の注意点やリスクを解説していています。

Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いのは?即日融資OKに注意【急ぎの方へ】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ