【ビジネスローン審査甘い】

消費者向けのカードローンで有名なアイフルで
TOP PAGE > 消費者向けのカードローンで有名なアイフルで

消費者向けのカードローンで有名なアイフルで

消費者向けのカードローンで有名なアイフルですがほぼ全ての消費者向けカードローンでは事業用に使うために借りることはできません。

もし事業用にお金を借りる必要があるのならビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分類するとみなさんが想像する銀行融資と金利が高めだけど審査が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい早さに差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に大きな差があります。

そのため急な融資が必要な中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

新しい設備が欲しいけど予算がない、集金ズレが発生してしまった、すぐに資金が必要なときに利用を考えるのがビジネスローンです。

ビジネスローンには様々な特徴があります。

例えば、担保や保証人が原則不要なことや審査から融資までスピーディーに行われることなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くの法人ローンでは新規開業するための設備投資資金などの場合でも事業計画所提出で審査を開始してくれるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に検討するのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅いことを理由に銀行融資を断られたときにも選択肢になります。

日頃、生活していると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーが流れることが多いです。

こういったキャッチコピーって語呂が良くて覚えやすいものも多いですよね。

似たような意味を持つ言葉でキャッチフレーズという言葉がありますが実際のところどのような違いがあるのでしょうか。

調べてみたところ、対象の心に訴えかける文句という意味ではほとんど同じものと考えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる目的による定義があるようです。

キャッチコピーは宣伝目的に限定されたもの、キャッチフレーズは人の心を動かす言葉と営利目的以外も含まれるそうです。

企業経営をしている人の中にはビジネスローンの利用を考えている人も多いのではないでしょうか。

その際はなるべく金利を低く抑えて借りたいですよね。

その場合は公庫融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では第1・第2創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なローンが用意されているので借主の状況によってローンを選択できます。

気になる金利も創業期向けローンでは10年以内の返済では通常金利で1.8%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れでは原則担保不要なようです。

中小企業の経営者の中には市場の変化などで赤字決算に陥ってしまって融資が必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は断られることも多いです。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら可能性はあります。

例えば、オリコのローンの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2期分の提出で申し込みができます。

「決算内容だけで判断していません」というキャッチフレーズ通り赤字でも融資をしてもらえたという経営者さんの体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と載っていますが赤字決算企業の場合は即日融資は厳しいようです。

融資で資金を借りる際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利だと思います。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調べてみました。

公的融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、担保を用意すると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いて想像する銀行機関の融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンでは、2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、銀行期間ではないノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広く設定されています。

創業する際の強い味方であるビジネスローンですが色々な機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローンごとに利率も違うので借りる時期などでどのローン商品を使うのかを把握しておくことが大切です。

すぐに資金が必要なときにおすすめなのがビジネクストなどの銀行機関ではないノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローン商品ではほとんどの場合において金利が年6%?18%の間になっています。

逆に、時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

有担保になりますが金利が2%台からと低めに設定されています。

色々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類をイメージするのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを組む際に必要な書類を調べてみました。

@運転免許証などの本人確認書類 A2期分の決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン会社ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、納税証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で事業計画書でOKという会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めて取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

銀行のローン商品の名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」というワードです。

どういったものか確認すると中小規模の会社もしくは個人事業者向けのローンのことでした。

検索して上位に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要という条件で審査を受けられるようです。

このよう地元に営業所などを持っている企業を対象に事業転換をする際の設備投資資金にも使えそうです。

ただし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長くなりがちです。

なのですぐに資金が必要という方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

中小規模の企業における設備投資など短期的に短期的に解決してくれるのがビジネスローンですがそもそもビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

一般的なキャッシングは個人(消費者)を対象にしており、利用目的は基本的に自由となっていますが事業目的に使用できません。

一方でビジネスローンは企業家だけを対象にしたものになります。

事業目的の融資と聞くと銀行をイメージする方も多いと思いますが融資までの時間をかけたくない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や保証人が原則不要となり申し込みタイミング次第では即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

ただいまの時刻








なるべく早く借りれるビジネスローンをお探しの方へ。審査が甘いと噂されるビジネスローンを借りる際の注意点やリスクを解説していています。

Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いのは?即日融資OKに注意【急ぎの方へ】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ