【ビジネスローン審査甘い】

ビジネスローンを利用している方の中には今借
TOP PAGE > ビジネスローンを利用している方の中には今借

ビジネスローンを利用している方の中には今借

ビジネスローンを利用している方の中には今借り入れしているローン会社よりも低金利のローン会社を変更をしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調査してみました。

結論から言うと金融機関から他の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローンは使用目的が自由なので金融機関A社からの借入金を金融機関B社から借入金で返済したところでA社からすると完済してもらっただけになるからです。

なのでA社からすると拒否する理由もないからです。

同じように銀行期間などの融資からの借り換えや銀行融資などへの借り換えもできます。

日頃、生活していると、広告などでビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見たり聞いたりすることが多いです。

こういったキャッチコピーは印象に残りますよね。

同じような意味を持つ言葉でキャッチフレーズという言葉もありますが実際のところどのような違いがあるのでしょうか。

調べてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど一緒のものと捉えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる目的による定義があるようです。

キャッチコピーは宣伝目的に限定され、消費者の心を動かす言葉、キャッチフレーズは自己PRなど営利目的以外にも使われるそうです。

設備投資をしたいけど予算がない、来月の仕入れが厳しい、すぐに資金が必要なときに利用を考えるのがビジネスローンです。

ビジネスローンにはいろいろな特徴があります。

例えば、銀行期間の融資時に必要な担保や保証人が原則不要なことや銀行での融資と比べると時間がかからないことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くの事業者向けローン会社では新規開業資金の融資の話の場合でも事業計画所提出で審査を開始してくれるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に検討するのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅いことを理由に銀行融資を断られたときにも選択肢になります。

ビジネスローンで資金を工面しようと考えている方、どのローンを利用しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンで借りるのはいかがでしょう。

このローンの特徴として、ご利用限度額の範囲内なら何回でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、追加で借りる際には毎回、申し込み、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもHPからで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングへ商品の出店歴があるかという内容です。

そのため、ヤフオクなどへ出店している人にオススメのローンです。

消費者向けローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンで借りたお金は仕事用に使うために借りることはできません。

もし事業用に使いたいならビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういった種類があるのでしょうか。

大きく分類するとみなさんが想像する銀行融資と金利が高くなりがちだけど融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい期間に差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資をしてくれる会社もあるくらいです。

そのため中小規模の会社など急な融資が必要な場合はノンバンク系の利用が多いようです。

ネットを見ているとこんな噂を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘い?」という内容の質問です。

結論から言うと、甘いわけがありません。

審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいです。

銀行融資など低金利になるほど厳しく、ノンバンク系のローンのように高金利での貸付になるほど審査が甘いと言われています。

例えば、銀行融資では必ず経営計画書を提出しなければいけませんがノンバンク系のローンでは本人確認書類と決算書のみでOKというローンもあります。

他にも提出した様々な書類から多角的に審査します。

このように話を聞いただけでも厳しそうな感じがしますね。

事業を始める際の資金繰りで強い味方であるビジネスローンですが色々な金融機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローン商品ごとに利率も違うので借りるタイミングごとにどのタイプのローンを使うのかを理解しておくことが大切です。

すぐに資金が必要なときにおすすめなのがビジネクストなどのノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローン会社の場合、無担保で融資を受けられますが金利が6%?18%の間に設定されています。

逆に、半年後のことを見越して借りたいなど時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利2%台などで融資を受けられます。

最近、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて規模の小さいスモールビジネスを行う会社が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は多くを占めますがやはり資金面で悩む会社も多いようです。

中小企業白書によると2009年から2014年にかけて中小企業は40万社減少しており、中でも小規模事業者の廃業・倒産が目立つそうです。

こういった規模の会社の短期間での融資のニーズに応えるのがビジネスローンです。

特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社として有名です。

選ばれている理由を調べてみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までに時間がかからない点が好評なようです。

よくTVCMや街角で見かけるアコムですがCMでは消費者向けしか宣伝していませんが消費者向けのみの印象ですが実は、ビジネスローンも行なっているのを知っていますか?アコムのローンは一般的なノンバンク系のローンと違い法人向けではなく個人事業主を対象にしています。

そのため、多くのローンでは上限を最大で500万?1.000万設定なのに対しアコムのローンはご利用金額上限300万までと設定されています。

他に差別化されている点としては、最初の審査に通っていれば限度額まで消費者受けカードローンと同じように何度でも利用できることです。

また、審査期間も多くのビジネスローンでは基本的に翌日以降なのに対し即日可能になっています融資で資金調達を考える際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で貸付を受けたいですよね。

そこで、今回は様々な金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資を受ける場合は、担保がなくても2%前後、担保を用意すると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンでは、2%台からと低利子ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、ノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広く設定されています。

ただいまの時刻








なるべく早く借りれるビジネスローンをお探しの方へ。審査が甘いと噂されるビジネスローンを借りる際の注意点やリスクを解説していています。

Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いのは?即日融資OKに注意【急ぎの方へ】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ