【ビジネスローン審査甘い】

中小規模の会社経営者の中には市場の変化などで赤字決
TOP PAGE > 中小規模の会社経営者の中には市場の変化などで赤字決

中小規模の会社経営者の中には市場の変化などで赤字決

中小規模の会社経営者の中には市場の変化などで赤字決算を出してしまい融資を考えている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は簡単には行きません。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら融資してくれるかもしれません。

例として、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2年分、印鑑証明などで審査が行われます。

「決算内容だけで判断していません」という売り文句通り赤字でも融資をしてもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と記載されていますが赤字決算企業の審査の場合は即日融資されている件数は少ないようです。

ローン商品の名前を見ているとよく目にする言葉があります。

それは「アクティブ」という名称です。

どういったものか見てみると中小規模の会社もしくは個人事業者向けのローンのことでした。

検索してトップに出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で申し込みができるようです。

このよう地元に営業所などを持っている企業を対象に事業転換をする際の設備投資資金に良いのではないでしょうか。

ただし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長くなりがちです。

そのためすぐに資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

資金が足らなくて困った際に頼りになるビジネスローンですがどういった基準で借入先を選べば良いのでしょうか。

インターネット上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり気にしている方が多い点は融資までの速さのようです。

審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、アイフルグループやオリコカードなどどこの会社グループに入っているのか、利用者が今までにどのくらいいるかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に必ず確認しておきたいのは最大限度額や金利、いつまでに返済したらいいかという最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHPでは返済シミュレーションができるので活用してください。

企業経営をしている、起業を考えている人の中にはビジネスローンの利用を考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で融資を受けたいですよね。

その場合は公庫融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例として、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なタイプのローンが用意されているので借主の状況によって選ぶローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンでは5年以内の返済では通常金利で1.5%とノンバンク系ローンと比べかなり低く設定されています。

また、1000万までの借り入れ審査では原則保証人不要なようです。

日頃、生活していると、広告などでビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見ることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良いのもが多く、頭に残ってしまいますよね。

キャッチコピーとキャッチフレーズは同じという人もいますがキャッチコピーとの使い分けではどのような部分なのでしょうか。

ネットで検索しみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同じものと捉えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる用途によって違いがあるようです。

キャッチコピーはプロモーション目的に限定されたもの、キャッチフレーズは商品の説明など宣伝以外など含まれる場合に使われます。

世の中には様々なビジネスローンがあります。

その中には、一般的にイメージする銀行系のローンやオリコなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローン商品の申し込みの流れを説明します。

まず最初に提出する必要書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローン商品で必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本や確定申告書が必要な場合もあります。

これらの書類が揃ったらあとはネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には健康保険証など本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日ととても早いローンもあるようです。

創業する際の強い味方であるビジネスローンですが色々な金融機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローンごとに利率も異なるので借りるタイミングごとにどのタイプのローンを使うのかを理解しておくことが大切です。

すぐに資金を集めなければいけない場合におすすめなのがビジネクストなどのノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローンでは基本的に担保や保証人は不要ですが無担保での融資になるため金利が6%?18%の間に設定されています。

逆に、半年後のことを見越して借りたいなど時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

有担保になりますが金利が2%台からと低めに設定されています。

融資で資金調達を考える際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利だと思います。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今日は金融機関による金利の相場を調べてみました。

公的融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、担保を用意すると1%台での融資も行われるようです。

通常、融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンの場合、限度額5000万円で年2%台からと低利子ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、銀行期間ではないノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっている分審査から融資までが早いです。

ここ数年、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて規模の小さいビジネスを行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

市場におけるスモールビジネスの比率は高いですがやはり資金面は不安定になりがちです。

実際に2009年から2014年にかけて中小企業は39万社も減っており、中でも小規模事業者の廃業が多いそうです。

小規模の会社では発注予算が足らないなど短期間での融資のニーズが多く、短期間での融資のニーズ出てきます。

そのニーズに応えるのがbusinextなどのビジネスローンです。

ビジネスローンを利用する理由を見てみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までに時間がかからない点が好評なようです。

経営者の方の中には、うまく会社が回らなくて利益があまり出ず、赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで知りたいのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組みでは利益が出ている企業の場合その利益から毎月の返済がどのくらいできるか判断され融資が行われるのですが赤字の場合利益が出ないのでもちろん審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に受かる可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

ただいまの時刻








なるべく早く借りれるビジネスローンをお探しの方へ。審査が甘いと噂されるビジネスローンを借りる際の注意点やリスクを解説していています。

Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いのは?即日融資OKに注意【急ぎの方へ】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ