【ビジネスローン審査甘い】

設備投資をしたいけど予算がない、下
TOP PAGE > 設備投資をしたいけど予算がない、下

設備投資をしたいけど予算がない、下

設備投資をしたいけど予算がない、下請けへの支払いが滞りそうなどそんなときに利用を考えるのがビジネスローンです。

ビジネスローンには様々な特徴があります。

例えば、担保や保証人が原則不要、ネット上で完結するため来店不要なところや銀行での融資と比べると審査時間が短いことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くの法人ローンでは新規開業資金などの場合でも事業計画所提出で審査条件を適用してくれるので実績がないことを理由に銀行融資でいい返事をもらえなかった際に相談してみるのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅かったとしても申し込み・審査ができます。

個人事業主、自営業者の方にとって自分たちの事業のための資金調達は非常に重要な要素となります。

現状、個人事業主は法人と違い資金調達方法の選択肢が限られています。

例として、法人の場合では、日本政策金融金庫や有担保ローンなど経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主では日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らない可能性が高くなっています。

そういったときの資金集めの方法としてアプラスなどのビジネスローンで集めることも考えておきましょう。

ビジネスローンごとに上限など細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

色々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は提出する書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借り受ける際に必要な書類を調べてみました。

@運転免許証などの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、納税証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めてその銀行と取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

資金集めに困った際に頼りになるビジネスローンですがどういった基準で借入先を選べば良いのでしょうか。

インターネット上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり一番多く言及されている点は融資までの速さのようです。

申込してから審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、クレジットカード会社のオリコが行っているなどの会社情報や利用者が今までにどのくらいいるかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に確認しておきたいのは最大限度額や金利、いつまでに返済したらいいかという最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHPでは返済シミュレーションのページが用意されているので活用してください。

企業経営をしている人の中にはビジネスローンの利用を調べている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で借り受けたいですよね。

その場合は公的融資もしくは銀行機関の行う融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では第1・第2創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なローンが用意されているので借主の状況によってローンを選択できます。

気になる金利も創業期向けローンでは15年以内の返済では通常金利で1.8%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの申し込み時は原則保証人不要なようです。

ビジネスローンで資金を工面しようと考えている方、どのローンで工面しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンを利用するのはいかがでしょう。

このローンのメリットとして、ご利用限度額の範囲内なら限度額に達するまで何度でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、資金が足りないから追加で借りようと思っても毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込み・審査もネットで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ前提条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングへの出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングやあヤフオクへ出店している人にオススメのローンです。

よくTVCMや街角で見かけるアコムですがCMでは消費者向けしか宣伝していませんが消費者向けのみの印象ですが実は、ビジネスローンも行なっているのを知っていますか?アコムのローンは他の多くのノンバンク系のローンと違い貸付対象を法人向けではなく個人事業主にしています。

そのため、多くのローンでは上限を最大で500万?1.000万設定なのに対しアコムのローンはご利用金額上限300万までと設定されています。

他の違いとしては、申し込み時の審査に通っていれば限度額まで消費者受けカードローンと同じように利用できることです。

また、審査期間も多くのビジネスローンでは基本的に翌日以降なのに対し即日可能になっています最近、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて規模の小さいビジネスを行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は多くを占めますがやはり資金面は大企業に比べると不安定になりがちです。

中小企業白書によると2009年から2014年にかけて中小企業は40万社減少しており、中でも小規模事業者の廃業・倒産が目立つそうです。

小規模の会社では発注予算が足らないなど短期間での融資のニーズが多く、特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社としては最大手と言われています。

ビジネスローンを利用する理由を見てみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までに時間がかからない点があるようです。

経営者の方の中には、うまく事業が軌道に乗らなくて赤字を出してしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも融資審査に通るのかということです。

融資審査の仕組みの原則として、利益が出ている会社の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資額が決定されるのですが赤字の場合利益が0なのでので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に受かる可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には売掛け債権など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

普段、生活していると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見たり聞いたりすることが多いです。

こういったキャッチコピーは語呂が良くて口ずさんでしまうときがありますよね。

似たような言葉でキャッチフレーズという言葉もありますが実際のところどのような違いがあるのでしょうか。

調べてみたところ、対象の心に訴えかける文句という意味ではほぼ変わらないと捉えても良さそうですが厳密にはどのようにその言葉を使うかによって違いが発生するようです。

キャッチコピーはプロモーション目的に限定されたもの、キャッチフレーズは人の心を動かす言葉と営利目的以外も含まれるそうです。

ただいまの時刻








なるべく早く借りれるビジネスローンをお探しの方へ。審査が甘いと噂されるビジネスローンを借りる際の注意点やリスクを解説していています。

Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いのは?即日融資OKに注意【急ぎの方へ】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ