【ビジネスローン審査甘い】

中小企業の経営者さんの中には市場の変化や
TOP PAGE > 中小企業の経営者さんの中には市場の変化や

中小企業の経営者さんの中には市場の変化や

中小企業の経営者さんの中には市場の変化や減価償却費などで赤字決算に陥ってしまって融資が必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は通りづらいです。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら融資してくれるかもしれません。

例えば、オリコのローンの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2年分、印鑑証明などで審査が行われます。

「決算内容だけで判断していません」というキャッチフレーズ通り赤字でも融資をしてもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と書いてありますが基本的に赤字決算企業の審査の場合は即日融資は厳しいようです。

よくCMや街角などいたるところで見かけるアコムですが基本的にCMでは消費者向けしか宣伝していないため。

実は、事業者向けローンも行なっているのを知っていますか?アコムの事業者向けローンは一般的なノンバンク系のローンと違い法人向けではなく個人事業主を対象にしています。

そのため、他のローンでは最高j500万?1.000万くらいが上限なのに対しアコムのローンは上限を最高で300万までに設定されています。

他の違いとしては、最初の審査に通っていれば限度額まで消費者受けカードローンと同じように限度額まで何度でも利用できることです。

また、審査期間も多くのビジネスローンでは翌日以降なのに対し即日可能になっていますローン商品の名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」というフレーズです。

どういった内容か見てみると中小規模の会社もしくは個人事業主向けのビジネスローンのことでした。

検索して上位に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で審査を行えるようです。

このよう地元に営業所などを持っている企業を対象に事業転換をする際の設備投資資金や運転資金に良いのではないでしょうか。

ただし、銀行機関の行うローンのため審査期間は長くなりがちです。

なのですぐに資金が必要という方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

事業者の方の中には、うまく事業が回らなくて利益があまり出ず、赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで知りたいのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

融資審査の仕組みの原則として、利益が出ている会社の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資が行われるのですが赤字の場合利益が出ないので当然ローン審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でもローン審査に通る可能性があるケースもあります。

例を挙げると、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンを申し込む場合です。

お金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンを考えますが消費者向けカードローンを利用して借りたお金は事業用に使うために借りることはできません。

事業者の方が事業用にお金を借りるにはビジネスローンで借りなければいけません。

でも、ビジネスローンって普段使わないからどんなものかわからないですよね。

大きく分けてみなさんが思い浮かぶ銀行融資と金利が高めに設定されていますが融資までの期間が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい審査の早さに差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に短いです。

そのため中小規模の会社など急な融資が必要な場合はノンバンク系の利用が多いようです。

ビジネスローンで資金を借りている方の中には今借り入れしている金融機関よりも低金利の金融機関を見つけたから借り換えをしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

結果から言うと借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、ビジネスローンは使用目的が自由なのでA社からの借入金をB社から借り入れたお金で支払いしたところでA社からすると完済してもらっただけということなので金融機関A社からすると通常の返済と同じように拒否することもできないからです。

借り換え目的の場合は借入先にその旨を必ず伝えましょう。

資金集めに困った際に頼りになるビジネスローンですがどういった基準で借入先を選べば良いのでしょうか。

ネット上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり一番言及されている点は融資までの速さのようです。

例を挙げると、審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、アイフルグループなどどこのグループ会社なのか、累計利用者がどのくらいいるかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に選ぶ際に重要なのが最大限度額や金利、最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHP上には返済シミュレーションが用意されているので参考にしてください。

融資で資金調達を検討する際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調査してみました。

政府系金融機関の融資の場合は、無担保でも2%前後、有担保になると1%台での融資も行われるようです。

通常、融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、2%台からと低利子ですが審査には基本的に担保が必要になります。

最後に、融資までの期間が短いノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっている分審査から融資までが早いです。

世の中には様々な種類のビジネスローンがあります。

その中には、一般的に銀行融資と言われる銀行系のローンやクレカで有名なオリコなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込み・審査の流れを説明します。

まず最初に提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで提出が必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本などが必要な場合もあります。

これらの書類が揃ったらあとはインターネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には健康保険証など本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

気になる審査期間については最短で即日というローンもあるようです。

創業する際の強い味方であるビジネスローンですが様々な機関が行なっていてどこを選べばいいかわかりにくいですよね。

各ローンごとに利率も変わるので借りるタイミングごとにどのタイプのローンを使うのかを理解しておくことが大切です。

支払い期限が迫っているなどすぐに資金が必要なときにおすすめなのがプロミスなどが行なっているノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローンでは基本的に担保や保証人は不要ですが金利が年6%?18%の間になっています。

逆に、時間に余裕がある場合では銀行融資や公的融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利が2%台からと低めの数字に設定されています。

ただいまの時刻








なるべく早く借りれるビジネスローンをお探しの方へ。審査が甘いと噂されるビジネスローンを借りる際の注意点やリスクを解説していています。

Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いのは?即日融資OKに注意【急ぎの方へ】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ