【ビジネスローン審査甘い】

ビジネスローンを利用している方の中には今
TOP PAGE > ビジネスローンを利用している方の中には今

ビジネスローンを利用している方の中には今

ビジネスローンを利用している方の中には今借りているローンよりも低金利で貸してくれるローンを変更をしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、別のローン会社から借りた資金で返済できるのかわからないという方もいると思いますので調べてみました。

結論から言うと別の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、ビジネスローンは使用目的が自由なので金融機関A社からの借入金を金融機関B社から借入金で返済したところで金融機関A社からすると完済してもらっただけということになります。

そのためA社からすると拒否することもできません。

同じように銀行融資や公的融資からの借り換えや銀行融資への借り換えもできます。

設備投資をしたいけど予算がない、来月の仕入れが厳しい、そんなときに利用を検討するのがビジネスローンです。

ビジネスローンには様々なメリットがあります。

例えば、担保や保証人が原則不要なことや銀行での融資と比べると時間がかからないことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くのビジネスローンでは新規開業資金の融資の話の場合でも事業計画所提出で審査を行ってくれるので実績がないことを理由に銀行融資でいい返事をもらえなかった際に相談してみるのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅かったとしても申し込み・審査ができます。

会社経営をしている人の中にはビジネスローンの利用を資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で借りたいですよね。

その場合は公的融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例として、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々な種類が用意されているので借主の状況によって選ぶローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンの場合5年以内の返済では通常金利で1.5%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れでは原則担保や保証人は不要なようです。

経営者の方の中には、うまく仕事が回らなくて赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組みでは利益が出ている企業の場合利益が出ているから毎月の返済が?円までできると判断され融資が行われるのですが赤字の場合利益が出ないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に通る可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や天災などによる特別損失による赤字の場合です。

他には不動産など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

ネットを見ているとこんな質問を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘い?」という内容の質問です。

結論から言うと、そんなわけありません。

審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいです。

低金利は厳しい、高金利になるほど審査が甘いと言われています。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行融資の場合、例えば、銀行融資では事業計画書を提出する必要がありますが1から2ヶ月かけてローン審査することが多いです。

他にも提出する様々な書類から多角的な面から審査します。

このように金利によって審査する基準の厳しさは変わります。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類と考えるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが大変なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に基本的に必要な書類を調べてみました。

@運転免許証などの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン商品ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、印鑑証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に商業登記簿謄本などの書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めて取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

事業を始める際の資金集めの強い味方であるビジネスローンですが様々な機関が行なっていてどこを選べばいいかわかりにくいですよね。

各ローンごとに利率も異なるので借りるタイミングごとにどのローンを使うのかを理解しておくことが大切です。

すぐに資金を集めなければいけない場合におすすめなのがビジネクストなどの銀行機関ではないノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローン商品ではほとんどの場合において無担保での融資になるため金利が6%?18%の間に設定されています。

逆に、半年後のことを見越して借りたいなど時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

有担保になりますが金利が2%台からと低めに設定されています。

資金繰りに困った際に頼りになるビジネスローンですがどういった基準で借入先を選べば良いのでしょうか。

インターネット上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり気にしている方が多い点は融資までの速さのようです。

例を挙げると、審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、オリックスグループなどどこのグループ会社なのか、累計利用者実績数がどのくらいなのかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に必ず見ておきたいのが最大限度額や金利、返済計画を立てる上で大切な最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHPでは返済シミュレーションができるので活用してください。

近年、フリーランスや中小企業など大企業に比べて小規模ビジネスを行う会社が増えています。

そのため市場におけるスモールビジネスの割合は必然的に高くなりますがやはり資金面は不安定になりがちです。

実際に2009年から2014年にかけて中小企業は39万社も減っており、中でも小規模事業者の廃業が目立つそうです。

中小規模の会社では短期間での融資のニーズが多くそのニーズに応えるのがビジネスローンです。

特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社として有名です。

選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までの時間が銀行よりも短いといった面があるようです。

お金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンをイメージしますが消費者向けカードローンで借りたお金は「消費者」とつくだけあり事業用にお金を借りることはできません。

経営者の方が事業用にお金を借りるにはビジネスローンで借りなければいけません。

そもそもビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分類するとみなさんが想像する銀行融資と金利が高めに設定されていますが融資までの期間が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい審査期間が短いかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資をしてくれる会社もあるくらいです。

そのため中小規模の会社など急な融資が必要な場合はノンバンク系の利用が多いようです。

ただいまの時刻








なるべく早く借りれるビジネスローンをお探しの方へ。審査が甘いと噂されるビジネスローンを借りる際の注意点やリスクを解説していています。

Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いのは?即日融資OKに注意【急ぎの方へ】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ