交通事故による損害がありますが、これについて加害者側と被害者側が話し合いをします。そして民事的紛争を解決することを「示談」と言います。言い換えると、つまり示談により損害賠償額を決めると言うことですね。

いったん示談が成立すると法的効力が生じた後から示談した時と違った交通事故についての確定的な証拠がでたとしても、一度示談が成立してしまった以上では、詐欺、強迫、錯誤などの瑕疵が認められなければいけません。(汗)話し合いをしても加害者側と被害者側の双方が納得できなければいけません。そして、民事裁判となります。(汗)

<責任:1つ目は、「刑事責任」><責任:2つ目は、「行政責任」><責任:3つ目は、「民事責任」>『刑事責任』道路交通法により懲役や禁固や罰金などが課せられます。『行政責任』免許取り消しになったりします。『交通事故における民事問題』損害賠償金を被害者側へ払うというお金の問題になります。加害者側と被害者側が示談するには、損害賠償金についての問題を解決することになります。※その話し合いを「示談交渉」と言います。ですから、伝えるべきことはしっかりと言っておかなければいけませんよ。

現在たいていのケースにおいては、加害者側は本人が参加するのではなく、代理人として保険会社の人が交渉にあったています。

関連ページ