「ビジネスローンの審査は甘い」という噂

インターネットを見ているとこんな質問を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘い」という噂です。

結論から言うと、甘いわけがありません。

審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいです。

低金利は厳しい、高金利になるほど審査が甘いと言われています。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行融資の場合、例えば、銀行融資では事業計画書を提出する必要がありますが1から2ヶ月かけてローン審査することが多いです。

他にも提出する様々な書類から多角的な面から審査します。

このように話を聞いただけでも厳しそうな感じがしますね。

ビジネスローンを利用して資金を集めた方の中には今借り入れしている金融機関よりも低金利の金融機関を見つけたから借り換えをしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、別のローン会社から借りた資金で返済できるのかわからないという方もいると思いますので調べてみました。

結論から言うと借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローンは使用目的が自由なので金融機関A社からの借入金を金融機関B社から借入金で返済したところでA社からすると完済してもらっただけということなので金利軽減を考えると銀行融資や公的融資からの乗り換え時に有効と言えそうです。

同じように銀行融資や公的融資からの借り換えや銀行融資への借り換えもできます。

世の中に多くある審査が甘いビジネスローン会社ですが正直、審査基準などがどうなっているかわからずどのローンを使えば良いか迷ってしまいますよね。

口コミなどから評判などを調べてみました。

アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で申し込みをして翌日には融資された。

」という利用者や赤字決算に陥ってしまったタイミングで融資が必要なときに資産と収益、総借入額などを評価してもらって希望額を借入できたという評判がありました。

他の特徴として、従業員3名以下の小規模経営の経営者の利用が多いようです。

迷った際は実際に利用した人の口コミも参考にしてみてはいかがでしょう。

資金集めに悩んだ際に頼りになるビジネスローンですがどういった面を重視して借入先を選べば良いのでしょうか。

ネット上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり気にしている方が多い点は融資までの速さのようです。

申込してから審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、アイフルグループなどどこのグループ会社なのか、累計利用者がどのくらいいるかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に必ず確認しておきたいのは最大限度額や金利、返済計画を立てる上で大切な最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHPでは返済シミュレーションができるので活用してください。

経営者の方の中には、うまく事業が軌道に乗らなくて利益があまり出ず、赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで知りたいのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ビジネスローン審査の仕組み上、利益が出ている会社の場合その利益から毎月の返済がどのくらいできるか判断され融資が行われるのですが赤字の場合利益が出ないので当然ローン審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算を出してしまっていても審査に通る可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や天災などによる特別損失による赤字の場合です。

他には不動産など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

お金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンを想像しますがほぼ全ての消費者向けカードローンでは事業用に使うために借りることはできません。

もし事業用にお金を借りる必要があるのならビジネスローンで借りなければいけません。

そもそもビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分類するとみなさんが想像する銀行融資と銀行融資より高金利だけど融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい早いかというと銀行融資では平均1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に大きな差があります。

そのため中小規模の会社など急な融資が必要な場合はノンバンク系の利用が多いようです。

ビジネスローンで設備投資などの資金集めをしようと考えている方、どのローンを利用しようと考えていますか?ジャパンネット銀行のローンで借入するのはいかがでしょう。

このローンと他のローンの違いとして、ご利用限度額の範囲内なら何度でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、追加で借入する際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込み・審査もネットで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ前提条件があります。

それは、ヤフオクへの出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングやあヤフオクへ出店している人にオススメのローンです。

ローン商品の名前を見ているとよく目にする言葉があります。

それは「アクティブ」という言葉です。

どういったものか確認すると中小規模の会社もしくは個人事業者向けのローンのことでした。

検索して上位に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で申し込みができるようです。

融資額は最大5000万までということなので事業転換をする際の設備投資資金に良いのではないでしょうか。

しかし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長めです。

そのためすぐに資金調達をしたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

融資で資金調達を検討する際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で貸付を受けたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調べてみました。

公的融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

通常、融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンの場合、限度額5000万円で年2%台からと低利子ですが審査には基本的に担保が必要になります。

最後に、ノンバンク系のローン会社の場合は最低6%から最高18%とローン会社ごとに幅がとても広くなっています。

日頃、生活していると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく聞くことが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良いのもが多く、頭に残ってしまいますよね。

同じような意味を持つ言葉でキャッチフレーズという言葉もありますが実際のところどのような違いがあるのでしょうか。

ネットで検索しみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほぼ変わらないと捉えても良さそうですが性格にはその言葉がどの対象に向けて使われるかによる違いがあるようです。

キャッチコピーは宣伝目的に限定されたもの、キャッチフレーズは人の心を動かす言葉と営利目的以外も含まれるそうです。