金利が安いリフォームローンのおすすめは?どこがいい?

リフォームローンを探すオススメの方法としてランキングサイトを利用するのが簡単です。

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますので一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算しピッタリのリフォームローンを探しましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

中古住宅の購入と同時にリフォームを考えている人は一体型のリフォームローンを選択することで、金利を安くおさえることができます。

リフォームローンを組むにあたって、いくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

しかし、金利が安いリフォームローンは住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円になります。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

無理のない返済額に応じた借入額を事前にシミュレーションすることがリフォームローンを組むうえで重要なのです。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保があるかないかによっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利タイプを大きく分けると2種類あり変動金利型と安い固定金利型の2種類に分けることができます。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで安い固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

更に安い固定金利型には完済まで金利が継続される長期安い固定金利型と一定の期間内だけ安い固定金利で満了するごとに長期型か変動型に変更することができる安い固定金利選択型があります。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローン一択です。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年で、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と条件があまり良くないのですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の金利が約2から5%に対し、担保型の金利は約1から2%となっています。

そのほか、貸付金利タイプでも差があって変動金利と安い固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

リフォームローンの頭金はいくらくらいなのか、それは業者によって様々です。

施工前に頭金を用意する必要がある業者や工事完了後に一括払いという業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、最初に必要な資材費を請求してくる業者もいます。

失敗しないためには事前に契約内容を確認することが重要です。

絶対に契約締結前に頭金などを請求する業者は選んではいけません。

リフォームローン審査の内容について説明します。

リフォームローン審査の内容とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

減税の対象となるリフォーム工事についてですが全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

申請する側についても要件があり年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

減税制度を受けるには自己申告制になっているため確定申告が必要となります。

借り入れたリフォームローンが余った場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加で費用が発生することのないように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、気にする人は繰り上げ返済を早急に返していくようにしましょう。

リフォームローンの金利は金融機関によって様々です。

1%台からの低金利なところもありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

金利体系については2種類あり変動金利と安い固定金利があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

その点、安い固定金利のリフォームローンであれば完済まで金利が変わることのない借りやすさは変わって来ますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

参考:リフォームローンの金利が安い銀行は?金利比較!【固定と変動どっち?】

リフォームローン金利比較をするのであれば検索上位に来ている比較サイトを利用すると効率が良いでしょう。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

金利や借りやすさや借入限度額、審査内容など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

比較サイトによってはリンクが貼ってありますのでクリックするだけで金融機関のHPへ飛べたりもします。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、銀行へ足を運ばずに申請できるローンが増えています。

リフォームローンの一体型とは簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古住宅を購入してリフォームしたいと考えているなら一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査の内容においてリフォームの見積書が求められたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォームの業者さんも探さなければいけません。

オリコの金利が安いリフォームローンは365日いつでも仮受付OKのWebリフォームローン仮受付が非常に使い勝手が良いです。

わざわざ金融機関に行くこともなくパソコンから手軽に申し込みができ審査も最短2日という速さで結果が郵送されてきます。

オリコの金利が安いリフォームローンは完済完了まで安い固定金利が適用されることになりますが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

改修工事やリフォームだけでなくソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

ローンを申請する際の注意点として、仮受付の申し込み時にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

アプラスの金利が安いリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

金利についてですが、アプラスの金利は7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

家に居ながら申し込みが可能なことや保証人や担保が要りませんので小規模なリフォームには最適です。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

楽天のリフォームローンといえばフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

住宅を購入するための資金とリフォーム工事用の資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年の10月には新商品のフラット35リノベが販売開始しています。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

リフォームローンの口コミでは、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

どうしても金利が安いリフォームローンには人が集中するので審査基準が厳しめになっているようです。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまい怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分の条件に合った商品を見落とすかもしれないのです。

金融関係の口コミの場合、口コミの件数に左右されることなく、どういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

残念ながらリフォームローンに落ちたという人はその原因を丁寧に分析することが大切です。

まず、考えられる要因は借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった諸問題が影響したのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況も融資には重要な要因となります。

これらのローンをきちんと返済することがまずは求められます。