福祉の仕事の役に立つ資格は?

就職先を見つけるに当たり、医療や福祉の仕事をしたいけれど、資格が無いために就職に不利になっているという事もよくあります。
看護師や医者になるには、資格を取らなければいけません。
医師免許や看護師の資格はそう簡単に取得できるものではないので、資格があれば就職先が見つけやすくなります。
福祉の仕事でも、ヘルパー資格や介護士資格を取得していれば、就職先探しが容易になるという利点があります。
実務の経験があることが、福祉の仕事の採用条件になっていることもあります。
福祉の仕事に興味のある人は、資格取得の条件なども合わせてよく確認する必要があります。